アクア 値引き

カービューの公式サイトはこちらまで↓↓

トヨタ アクア 値引き

 

納車待ちが3ヶ月を超えると言われている人気ぶりのトヨタアクア!!

 

 

発売から期間は経ち値引き額は増えていますが、なんの作戦もなく購入すると7〜8万円程度で終わります。

 

しかし交渉テクニックがあれば、プラス5万円は増額できますよ!

 

 

10月の平均額では、カーナビやサンルーフなどの装備付属品の値引きを含めて11〜12万円

 

目指す金額は13万円以上が落としどころでしょうか。

 

 

 

 

しかしテクニックなくディーラーで見積りをしてもまず不可能でしょう。

 

ではどのようにすればよいでしょうか。

 

 

以下では、交渉テクニックの一例をご説明いたします(^^)

アクア 値引き 交渉

新車購入の商談=値引き交渉はセールスとのたくみな駆け引きを行います。

 

最後にはセールスマンと信頼関係を作らなければ、

 

納得できるアクアの商談となるはずがありません。

 

 

 

トヨタの販売店は少しでも多く販売したいはずですし、

 

またアクアに対抗している他社の車種の販売台数を減らしたいと考えているでしょう。

 

 

 

こちらに好条件の価格を出させるには、ライバル車も検討していると伝え、

 

安い金額を出さないとこのお客様は逃げてしまうと、強い危機感を感じさせることが重要です。

 

 

 

 

より効果のある行動を述べますと、

 

 

期限を定めて交渉する(○月○日までに契約を行いますと伝える)

 

→購入意欲が伝わるのでスムーズに交渉が進みやすい。

 

 

 

◎ライバル車であるホンダ「フィットハイブリッド」や「CR-Z」の見積りと「新型ノート」などの
見積りを行う。

 

→金額しだいで迷う雰囲気を出す。ライバル車の見積書を携帯するとアピール度高い。

 

 

 

◎下取り車を準備する

 

→見積り書類の記載された値引き額は、はじめから限度額が決まっている。

 

 

メーカーの目もあるので、より値引きをさせるには下取り査定額を増やして結果的に安くさせる。

 

 

 

あらかじめ商談する前に自分の車の下取り価格は調べておくといいですね。

 

カンタン約3分のオンライン車査定

 

 

 

 

ここまでしても期待した結果でなければ、

 

カローラ店やトヨペット、ネッツなどトヨタでも異なる系列店で見積りを取り、

 

担当者に火をつけさせれる方法もあります。

アクア 値引き 情報

 

ディーラーが持っている査定表の下取り価格はかなり低額設定です。

 

セールスマンの実力や腕次第で上乗せすることは可能なんです。

 

 

 

はじめに出される見積りは驚くほど安い下取り価格になっています。

 

特にディーラーの査定は、7年落ち(3回目の車検前)だと

 

相当安くなってしまいます。

 

 

 

そういう時に頼りにできるのが車買取専門店!

 

車買取専門店では、市場で人気のあるクルマなら、

 

買い手が見つかりやすいのでかなり高額で下取りしてもらえます。

 

 

 

 

例えば、平成17年式のウィッシュだと、

 

ディーラーの査定額10万円 → 車買取専門店の査定額45万円

 

その差35万円!

 

 

 

これはあたりまえに起きていることなんです!

 

見た目の値引き額だけをチェックするのではなく、総額を安くできないと失敗しますよ!

 

 

 

アクアの値引き交渉の前には必ず自分のクルマの正しい買取価格を調べるのが大切です。

 

それをした上でセールスマンに奇跡の値引き額を提示させましょう!

 

 

 

無料の車買取一括査定はここからカンタンに行えます↓

 



リンク集