ガラケーを使用する理由を考えてみる!

keitai06

最近の携帯電話は、スマートホンが主流だと思われますが、ガラケーの携帯電話を根強く使用している人も多いのです。
ガラケーを使用する理由はいろいろありますが、第一に考えられるのは慣れでしょう。

人間は使い慣れて馴染んでくると、新しいものを受け入れるのに抵抗が出てきます。また最初から学習し直さないといけないとなると、心のどこかに拒否反応が生まれ知らず知らずに避けるようになります。まだ年齢的に若い人は、好奇心があり興味本位でスマホに手を出しますが、高齢者になると、興味はあっても学ぶ事の煩わしさを考えるとスマホに手を出したくないのです。

またガラケーを使用する理由は、スマホの機能の余りにも多いことも上げられるでしょう。
ガラケーでさえ使いこなせていないのに、新しい機種に手を出すことを考えると、使いこなせない時の不安が先にたってくるのです。スマホを手にしたのは良いが、どの様に使うか迷って、一部は使えても大半が使えない、と損をしたような気分になるのが人の心理なのです。これは高齢者に限らず、若い人にもこの心理は働きます。

今まで馴染んできた物を捨てて、新しい事に挑戦する事に抵抗を持っている人が多いからこその結果でしょう。また、いざ新しいものを手に入れても、これを有効に使えるかどうか不安のあるうちは、なかなか思い切れないのが人の心理なのです。何時までもガラケーを使用する理由はこの様な事が多いのです。

ガラケーを使用するその他の理由は、買い替え時の手続きや書類作成の煩わしさでしょう。
いざやってみると、そんなに煩わしい事はないのですが、心理的なもので面倒だと思う気持ちがが先に働くのです。
特に高齢者になると、わざわざショップまで出かけて、機種を選んで説明を聞いてなど考えると、嫌気が先にたってしまうのです。若い人の全てが携帯電話などに精通していると思われがちですが、中には面倒で嫌いだという人もいるのです。


ガラケーを使用する理由でよく耳にするのは、ガラケーで特に不自由はしていないからという方もおおいようですが、この言葉の奥には、上記のような理由が含まれているのではないでしょうか。

2015年5月からSIMロック解除となり、格安スマホの市場が賑わっていくことが予想されます。格安SIMをテーマにしたサイトもありますし。格安スマホの市場は、今も尚、ガラケーを使い続けている人も一つのターゲットとしているようなので、動向が注目されます。

 

スマートフォンでなくガラケーを使用する理由について

現在、スマートフォンが目覚ましい勢いで普及しつつありますね。次々にスマートフォンの新しい機種が市場に登場し、それに伴ってケースや画面保護フィルムなどの周辺アイテムも多数販売されています。また、新しい便利なアプリの開発なども、どんどん進められています。

今やスマートフォンは、私たちの生活には、なくてはならない存在になりつつあります。
その一方で、かつて殆どのユーザが使用していたガラパゴス携帯、通称ガラケーは、次第に姿を消しつつあります。
携帯電話の販売ショップでも、一応ガラケーの売り場は確保されてはいるものの、そのスペースは狭く、目立たない隅の方にディスプレイされています。しかし、そんな状況になっても、ガラケーが市場から消えてしまわないのは、やはり今でも、ガラケーを使用するユーザーが存在するからです。

では、スマートフォンではなくガラケーを使用する理由としては、どんな点が挙げられるでしょうか。

一つには、スマートフォンの操作が難しいという点が挙げられます。
ガラケーは、画面と操作ボタンが分離していて、操作ボタンを押さない限りは違う画面に飛んだりすることもなく、誤作動の心配も、あまりありません。しかし、スマートフォンは画面上にタッチパネルが表示されているため、操作していると、たまに違う場所をタッチしてしまい、予期せぬ画面に飛んでしまったりします。

また、スマートフォンの構造上、タッチする場所が大変小さく表示されている場合があり、そんな時などは誤作動しやすいので注意が必要です。
また、ガラケーを使用する理由として他にも挙げられるのは、ウィルス感染の危険性などもあります。

スマートフォンは、携帯電話というよりは小型のパソコンです。なので、パソコンのようにウィルスに感染する危険性があります。ウィルス対策アプリなどが多数存在しますが、ウィルスも次から次に新しい種類が出ますので、注意が必要です。


ガラケーはウィルス感染の心配はほとんどないので、そういった心配がいらないのもガラケーを使用する理由として挙げられます。

 keitai05-w600

かたくなにガラケーを使用する理由

今や小学生もスマホを持つ時代。かたくなにガラケーを使用する理由とは何でしょうか。スマホユーザーも知っておくべき主な理由を挙げていきます。

①料金の安さ

今話題のSIMフリースマホで、スマホの使用料金はだいぶ抑えられてきています。しかし、モバイル情報に疎い人にとって、割安なSIMフリースマホを使うのはハードルが高いものです。やはり、ドコモやau、ソフトバンクなど、業界大手の会社で契約した方が安心という方が多いもの。
しかし、それらの業界大手のスマホは、月々の使用料が7~8000円というところが相場。ガラケーであれば、業界大手の端末でも月々の基本使用料が2000円前後とぐっと安いのです。月々の基本使用料を抑えたいというのが、かたくなにガラケーを使用する理由の上位になっているのです。

②慣れた入力方法を継続したい

スマホよりも、ガラケーの方が、文字の入力は格段に楽というユーザーは多いもの。一度スマホを使ってみたものの、メールが打ちにくくて、結局ガラケーに戻ったユーザーも数多く存在するのです。ガラケーならば、手元を見ずにさくさくと文字が入力できる、この利便性はなかなか手放し難いものなのです。
そのような声を受けて、ソフトバンクはガラパゴススマホGALAPAGOS 003SHを発表し、話題になりましたが、なかなか後続機種が出ていません。

③バッテリーの持ちがいい

かたくなにガラケーを使用する理由で、バッテリーの持ちの良さについても忘れてはいけません。
バッテリー容量についても、スマホもかなり改良されてきてはいますが、やはりガラケーには遠く及びません。あまり携帯を使用しないガラケーユーザーは、充電は週一回などという事もざらですが、スマホを1週間充電せずに放置というのは厳しいのが現状なのです。

老いも若きもLINEで繋がる現代、どんどん肩身の狭くなるガラケーユーザーですが、このような理由で頑張っていることをどうかお忘れなく!

 keitai04-w600

ガラケーを使用する主な理由3つ

keitai03-w600

 

スマートフォンの人気に伴い、CMでもスマートフォンがPRされ、お店の陳列棚でもガラケーの姿があまり見られなくなりました。それでもガラケー愛用者は多くいらっしゃいます。

ガラケーを使用する理由は、3つあると思います。

一つはバッテリーの持ちがいいことです。
確かにスマートフォンを使っていると使い始めはいいのですが、2年も経つ頃には徐々にバッテリーの持ちが悪くなってくるように感じます。そうすると1日に1回以上は充電するようになりますし、遠出するときは携帯型のバッテリーが必須になってきます。

アプリの使用やカメラ、動画を見たりすると、すぐにバッテリーが減ってしまいます。それに比べると、ガラケーはバッテリーの持ちが非常によいです。もしもの時にバッテリー切れで電話をかけたり受けられなくなったら非常に困るものです。それが一番怖いのでガラケーを持つという方もいらっしゃると思います。

 

2つ目のガラケーを使用する理由は、サイバーテロの脅威です。
個人情報の流出などがニュースになっているように、今やどこでどんな情報が漏れているかわかりません。スマートフォンはパソコンと同じようにインターネットに簡単に接続できますし、アプリも無料でダウンロードして使えるものが多いです。便利な点がある反面、ウイルスに感染したアプリがあったり、偽のサイトで情報を読み取ろうとしているものがあるなど、危険も隣り合わせです。個人情報はなんともないと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、悪いことを考えている人もいるということは知っておいたほうが良いので用心することに越したことはないでしょう。

 

3つ目の理由は長く使い続けられるという点です。
スマートフォンは、2年もすればスペックが低くなったり、メモリがいっぱいになって動作が遅くなるなど、使いづらさを感じるようになりますが、ガラケーの本体は丈夫で基本的な操作やスペックは変わらないので2年以上は軽く使えます。最近ではスマートフォンとガラケーの両方を使っている人もよく見かけますが、ガラケーを使用する理由は、やはり、もしもの時に電話が使えないと困るからだと思います。

 

ガラケーを使用する理由を年代別にみる

ガラケーに拘る理由

スマートフォンが登場する前迄は、携帯電話の主役はガラケーでした。電話のプッシュボタンを押すことで、メッセージを送れるポケベル、その後に登場した、電話のやり取りができるPHS、その後に長い間主役として存在していたのが、ガラケーと呼ばれる携帯電話です。

メールのやり取りや、携帯電話用のインターネットサイトの閲覧、電話ができるので、コミュニケーション手段の道具として、連絡道具として、中高生から大人迄が一人一台持つようになりました。新機種になる度に、カメラなしだった旧機種から、カメラ付きになったり、画面が大きくなったり、様々な機能が追加されていきました。

その中でも、変わらなかったのは、スマートフォンのように、液晶をタッチするのではなく、ボタンを押して操作する事でした。今ではスマートフォンを使いこなしている人でも、最初のうちは、このボタンと液晶タッチのギャップに戸惑った人も多いでしょう。今でも、ガラケーを使用する理由の多くが、この操作方法の違いに慣れず、ガラケーの方が使いやすい、といった事が挙げられます。

この操作方法をガラケーを使用する理由に挙げている人を年代別にみてみると、若い世代ほど新しい機械にすぐに順応する為、少ない傾向にあり、年配になる程、今でもガラケーを使用する人が多いです。

 

また、若い世代でも、あえて使用している人がいますが、この場合のガラケーを使用する理由は、二台持ちをしていて、ガラケーは、電話やメールのみ、SNSやインターネットの利用はスマートフォンやタブレット端末で、と使いわけているからです。

今では、防犯や、万が一の事態に備え、子供や老人にも持たせている家庭も多いです。インターネットサイトの閲覧や、お金の発生するサービスが使用できるスマートフォンは、小さな子供や、機械に疎い老人が使用できてしまう環境は、危険も伴います。この点で、ガラケーを選ぶ家庭もあるでしょう。ガラケーなら、子供や老人でも操作がしやすい点も選ぶ理由となります。

 

ガラケーを使用する理由は、人によって違ってくる!

私がガラケーにこだわる理由

今や誰もが当たり前のように所持するようになった便利なアイテムである携帯電話ですが、人によって持っているタイプは異なります。近年は、スマートフォンが爆発的な普及を遂げ、多くの人が持つようになりましたが、ガラケーを持ち続けている人もまだ見られます。

ちなみに、ガラケーを使用する理由と言うのは、人それぞれです。よく、スマートフォンはお金がかかるから、といった理由でガラケーに戻す人がいますが、他にもガラケーを使用する理由と言うのは色々とあるものです。

 

例えば、ちょっとしたことですが、折りたたみ式のガラケーであれば、ディスプレイを保護する役割を果たしてくれます。スマートフォンを落としてディスプレイを割ってしまう、といった経験がある人もいるでしょうが、ガラケーの場合であれば、ディスプレイが内側になりますから、落としてしまったとしても傷が付くことがありません。また、機種によってはかなり丈夫で、結構な衝撃にも耐えられるため、長く使い続けることができるというのも嬉しいところです。

その他のガラケーを使用する理由としてよくあるのが、操作性です。スマートフォンのようなタッチタイプの操作法の場合、上手く入力ができないという人もいます。タッチペンを使うと言う手もありますが、面倒だったりします。

ガラケーであれば、サイズと片手で持った時の指の位置とのバランスが良いため、テンポ良くスムーズに入力していくことができます。

 

また、ガラケーを使用する理由でユニークなものの一つに、周りに染まりたくないから、というものがあります。大勢の人たちがスマートフォンに移行する中、流行りに流されず、自分の考えでガラケーを持ち続ける姿が格好いい、という考えを持つ人も出てきて、ガラケー男子といった言葉も生まれたほどです。

ガラケーを持ち続けることで、自分の気持ちの中で、流されない自分を認識するだけでなく、個性を演出しやすいといったこともあります。