ガラケーを使用する理由は、人によって違ってくる!

私がガラケーにこだわる理由

今や誰もが当たり前のように所持するようになった便利なアイテムである携帯電話ですが、人によって持っているタイプは異なります。近年は、スマートフォンが爆発的な普及を遂げ、多くの人が持つようになりましたが、ガラケーを持ち続けている人もまだ見られます。

ちなみに、ガラケーを使用する理由と言うのは、人それぞれです。よく、スマートフォンはお金がかかるから、といった理由でガラケーに戻す人がいますが、他にもガラケーを使用する理由と言うのは色々とあるものです。

 

例えば、ちょっとしたことですが、折りたたみ式のガラケーであれば、ディスプレイを保護する役割を果たしてくれます。スマートフォンを落としてディスプレイを割ってしまう、といった経験がある人もいるでしょうが、ガラケーの場合であれば、ディスプレイが内側になりますから、落としてしまったとしても傷が付くことがありません。また、機種によってはかなり丈夫で、結構な衝撃にも耐えられるため、長く使い続けることができるというのも嬉しいところです。

その他のガラケーを使用する理由としてよくあるのが、操作性です。スマートフォンのようなタッチタイプの操作法の場合、上手く入力ができないという人もいます。タッチペンを使うと言う手もありますが、面倒だったりします。

ガラケーであれば、サイズと片手で持った時の指の位置とのバランスが良いため、テンポ良くスムーズに入力していくことができます。

 

また、ガラケーを使用する理由でユニークなものの一つに、周りに染まりたくないから、というものがあります。大勢の人たちがスマートフォンに移行する中、流行りに流されず、自分の考えでガラケーを持ち続ける姿が格好いい、という考えを持つ人も出てきて、ガラケー男子といった言葉も生まれたほどです。

ガラケーを持ち続けることで、自分の気持ちの中で、流されない自分を認識するだけでなく、個性を演出しやすいといったこともあります。