ガラケーを使用する主な理由3つ

keitai03-w600

 

スマートフォンの人気に伴い、CMでもスマートフォンがPRされ、お店の陳列棚でもガラケーの姿があまり見られなくなりました。それでもガラケー愛用者は多くいらっしゃいます。

ガラケーを使用する理由は、3つあると思います。

一つはバッテリーの持ちがいいことです。
確かにスマートフォンを使っていると使い始めはいいのですが、2年も経つ頃には徐々にバッテリーの持ちが悪くなってくるように感じます。そうすると1日に1回以上は充電するようになりますし、遠出するときは携帯型のバッテリーが必須になってきます。

アプリの使用やカメラ、動画を見たりすると、すぐにバッテリーが減ってしまいます。それに比べると、ガラケーはバッテリーの持ちが非常によいです。もしもの時にバッテリー切れで電話をかけたり受けられなくなったら非常に困るものです。それが一番怖いのでガラケーを持つという方もいらっしゃると思います。

 

2つ目のガラケーを使用する理由は、サイバーテロの脅威です。
個人情報の流出などがニュースになっているように、今やどこでどんな情報が漏れているかわかりません。スマートフォンはパソコンと同じようにインターネットに簡単に接続できますし、アプリも無料でダウンロードして使えるものが多いです。便利な点がある反面、ウイルスに感染したアプリがあったり、偽のサイトで情報を読み取ろうとしているものがあるなど、危険も隣り合わせです。個人情報はなんともないと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、悪いことを考えている人もいるということは知っておいたほうが良いので用心することに越したことはないでしょう。

 

3つ目の理由は長く使い続けられるという点です。
スマートフォンは、2年もすればスペックが低くなったり、メモリがいっぱいになって動作が遅くなるなど、使いづらさを感じるようになりますが、ガラケーの本体は丈夫で基本的な操作やスペックは変わらないので2年以上は軽く使えます。最近ではスマートフォンとガラケーの両方を使っている人もよく見かけますが、ガラケーを使用する理由は、やはり、もしもの時に電話が使えないと困るからだと思います。