スマートフォンでなくガラケーを使用する理由について

現在、スマートフォンが目覚ましい勢いで普及しつつありますね。次々にスマートフォンの新しい機種が市場に登場し、それに伴ってケースや画面保護フィルムなどの周辺アイテムも多数販売されています。また、新しい便利なアプリの開発なども、どんどん進められています。

今やスマートフォンは、私たちの生活には、なくてはならない存在になりつつあります。
その一方で、かつて殆どのユーザが使用していたガラパゴス携帯、通称ガラケーは、次第に姿を消しつつあります。
携帯電話の販売ショップでも、一応ガラケーの売り場は確保されてはいるものの、そのスペースは狭く、目立たない隅の方にディスプレイされています。しかし、そんな状況になっても、ガラケーが市場から消えてしまわないのは、やはり今でも、ガラケーを使用するユーザーが存在するからです。

では、スマートフォンではなくガラケーを使用する理由としては、どんな点が挙げられるでしょうか。

一つには、スマートフォンの操作が難しいという点が挙げられます。
ガラケーは、画面と操作ボタンが分離していて、操作ボタンを押さない限りは違う画面に飛んだりすることもなく、誤作動の心配も、あまりありません。しかし、スマートフォンは画面上にタッチパネルが表示されているため、操作していると、たまに違う場所をタッチしてしまい、予期せぬ画面に飛んでしまったりします。

また、スマートフォンの構造上、タッチする場所が大変小さく表示されている場合があり、そんな時などは誤作動しやすいので注意が必要です。
また、ガラケーを使用する理由として他にも挙げられるのは、ウィルス感染の危険性などもあります。

スマートフォンは、携帯電話というよりは小型のパソコンです。なので、パソコンのようにウィルスに感染する危険性があります。ウィルス対策アプリなどが多数存在しますが、ウィルスも次から次に新しい種類が出ますので、注意が必要です。


ガラケーはウィルス感染の心配はほとんどないので、そういった心配がいらないのもガラケーを使用する理由として挙げられます。

 keitai05-w600